手作り初心者&質問ページ(2)

 

 

手作りが苦手な方、作り方がいまいち...という方に画像でわかりやすく解説しています。

 



 

ポーチのファスナーの付け方 -1-(*中布を別に付ける場合)

まずバイアスをくるんでしつけをかける。

中心からマチ針をうつ。

返し縫いをしていく。

同じ間隔で。

 





ポーチのファスナーの付け方 -2-(*中布を別に付ける場合)

2枚をきちんと合わせ、針を通す。

(最初だけ)輪になる部分に針を通すと、ほつれを防ぐ。

なるべく幅を狭めて図のように縫う。

完成。片方も同じように縫う。

中布を付けたポーチの仕上がりの例。



 



パッチワークの縫い方

縫い代線を縫う。最初は返し縫いをする。

『拡大画像はココ』

角まで並み縫いをする。

『拡大画像はココ』

最後も返し縫いをする。

『拡大画像はココ』

玉止めをする。

『拡大画像はココ』

パッチワーク同士をつなぎ合わせる。図のように、もうひとつセットを用意する。

『拡大画像はココ』

図のように、角同士をきれいにマチ針で合わせる。

『拡大画像はココ』

 

最初と同じように、角まで並み縫いをする。

『拡大画像はココ』

 

角で一度返し縫いをする。

『拡大画像はココ』

 

角と角の点を針で通し、次のパッチワーク布へ移動する。

『拡大画像はココ』

 

最初と同じように、角まで並み縫いをする。

『拡大画像はココ』

 

風車状にアイロンをかける。

 

手縫いだから、こんなにキレイに

なります。完成!

『拡大画像はココ』





パッチワークのアイロンのかけ方

 

 

(裏)風車状にアイロンをかける。

 

(表)きれいな仕上がりに。


 

角に印を付ける。

 

型を使って、角に印を付ける。

 

<縫い代を約1cm付けて、切る。





 

ファスナー先のビーズの付け方

 

刺繍糸を2つに折り、折った部分を穴に通す。

 

図の様に、輪にして刺繍糸を通す。

 

ビーズを全部通す。

 

図の様に刺繍糸に玉を作り、ビーズが取れないように3回繰り返す。




 

ポーチのバイアスの付け方

 

先に、縫い代を折った方のバイアスを片側部分に縫う。

 

そのバイアスの上に、もうひとつのバイアスをのせる。縫い代部分を重ねて縫う。

中のポーチの仕上がりの例。





 

ヨーヨーキルトの作り方

 

先を5ミリ程に折り曲げながら、
端から2ミリのところにぐし縫いをする。

 

次に、口をキュっと絞る。

形をきれいに整える。完成!




 

がまぐちを作る時のヒント

 

表どうしを縫う前に、サイドの切り

替え等をきれいに合わせて縫う。

 

  • ミシンかけは、表側からかけると縫いやすいです。

 

刺繍糸3本取りで金具をつける。縫い始めは、玉を図の様に金具の中に隠す。

 

中側からみて、ミシン目が金具に入るように調整しながら、返し縫いで縫いとめていく。



 


四角ポーチの角の出し方




 

 

1. 内側からパイピングの角を押しながら、

角を出す。それでも綺麗に出ない場合は、

2. 角に針を通す。

 

3. 通した糸を矢印方向へひっぱる。角を本体に縫い付ける。




 

がま口のボンド&ペンチでつまむ方法


 
 

 

ボンド&ペンチを使った、がま口金のお財布の仕上げ。

 

あて布をして、ペンチでギュッと内側へ金具を曲げる。

こうする事で、内側の金具が布をおさえる形になる。

 

手前の口金も同様に。

 

ペンチでギュッと内側へ金具を曲げる。


パイピングの仕方

 

図のように、本体の下中心からパイピングをする。

 

『縫い代手前でミシンをとめ』て、返し縫いをする。

 

矢印の付け根部分から、綺麗に矢印先の方向へ折る。

 

図のように縫い代部分から、反対方向に

綺麗にパイピングを配置する。青の点線部分

から縫いはじめる。(合計4つの角)

 

パイピングを三つ折りして、まつる。

 

青い四角の部分の縫い代が綺麗に合うように、まつる。